胃・大腸内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

内視鏡(胃カメラ)を鼻もしくは口から挿入し、食道、胃、十二指腸を直接観察します。気になる病変があれば生検(組織の一部を採取)を行って病理検査(顕微鏡での観察)に提出します。

検査の流れ

胃の中を空っぽの状態にして検査を行う必要があります.検査前日は夜9時までに食事を済ませてください。 水分の摂取はかまいません。 また検査当日も朝食はとることはできませんが、水、お茶、スポーツドリンクは飲んで頂いても結構です。 毎朝飲んでいるお薬があれば、前もって医師やスタッフにお尋ねください。

午前中ご都合の悪い方は午後に胃カメラを行うことも可能です。検査当日朝7時までに軽い朝食を済ませて下さい。水分(水・お茶・スポーツドリンクなど)は検査1時間前までであれば摂取可能です。午後2時30分から胃カメラを行います。 ただし、胃の手術後や糖尿病のある方などは食べた物が胃の中に停滞していることがあり、注意が必要です。スタッフにお尋ねください。

※以前に苦痛が強かった方や不安が強い方は、生体情報モニター下に鎮痛剤・鎮静剤を使用して内視鏡検査を行うことも可能です。スタッフにお尋ねください。
当日は自動車などの運転をすることはできません。

下部消化管内視鏡検検査

内視鏡(大腸カメラ)をお尻から挿入し、直腸、結腸、小腸の一部を直接観察します。小さなポリープなどはその場で切除することが可能です。

検査の流れ

大腸は排便後でも表面には便が付着しているため、この状態でカメラを挿入しても十分な観察・治療はできません。そのため、大腸をきれいにした状態で検査をする必要があります。検査の前日は低残渣食をとっていただき、便秘気味のひとは就寝前に下剤を飲んでいただきます。夜9時までには食事を済ませてください。水分の摂取は構いません。検査当日の朝食は摂取できませんが水、お茶、スポーツドリンクは飲んで頂いても構いません。 毎朝飲んでいるお薬があれば、前もって医師か看護師にお尋ねください。検査当日は特殊な腸管洗浄剤1.5~2リットルを約2時間かけて飲んでいただきます。トイレに数回行って頂き、排便がきれいになれば検査可能となります。

※以前に苦痛が強かった方や不安が強い方は、生体情報モニター下に鎮痛剤・鎮静剤を使用して内視鏡検査を行うことも可能です。スタッフにお尋ねください。
当日は自動車などの運転をすることはできません。