COPD

COPDとは

慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)と呼ばれ、日本には500万人以上のCOPD患者さんがいると推定されています。COPDは別名「タバコ病」とも呼ばれ、原因の90%以上が喫煙とされます。タバコの煙などの有害な空気を吸うことによって空気の通り道である気管支に炎症が起こり、酸素と二酸化炭素の交換を行う肺が破壊されます。COPDが進行すると少し動いただけでも息切れが生じ、日常生活もままならなくなります。

またCOPDは症状の現れ方がゆっくりしているため、早期発見が難しい病気です。
当院では電子スパイロメータ-やCTによる肺気腫診断を行っております。CTでは撮影した断層写真を解析ソフトで3次元処理を行います。また点数付けを行って軽症・中等症・重症に分類し、肺気腫の程度を視覚的・定量的に判断できます。

40歳以上で喫煙経験があるひとは注意が必要です。
「せき」、「痰」が出る、「息切れ」がするなどの症状がある場合は、軽く考えずに一度ご相談下さい。