禁煙外来

禁煙外来

タバコをやめたいのにやめられない。それはタバコに対する「ニコチン依存症」という病気です。「やめたいけれど、やめられない」方に対して、内服薬(チャンピックス)やニコチンパッチ(ニコチネル)を処方することにより、禁煙をサポートします。

タバコの害

『百害あって一利なし』と言われているタバコの害は

  • がん全体の4割が喫煙が原因として寄与しているとされます。
  • がんの部位別にみると、喫煙の寄与割合は、肺がんや喉頭がんの7割をはじめ、主要ながんでは3割以上を占めており、喫煙との関連は密接です。
  • 虚血性心疾患、くも膜下出血の4割は、喫煙が原因とされています。
  • COPDも6割が喫煙が原因であり、胸部・腹部大動脈瘤、消化性潰瘍でも喫煙との関係が深いことがわかっています。
  • 喫煙による死亡数は毎年約13万人と推定され、喫煙は成人死亡の最大の危険因子とされています。

※禁煙外来の保険適応は、以下の基準をすべて満たす方が対象となっております。

  • 1日の喫煙本数と喫煙年数を掛け算した数値が200以上の方。
    例:1日20本(喫煙本数)を20年(喫煙年数)続けている方の場合は20×20=400となります
  • 直ちに禁煙を開始する意思のある方。
  • ニコチン依存度テスト(筆記)によって、依存が認められる方。
  • 全12週間のプログラムに参加いただくことを、署名で同意していただける方。