睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病と密接な関係があり、様々な合併症を高率に引き起こすことが報告されています。この検査は寝る前に指と手首に小さなセンサーを装着していただき、その結果をコンピューターで解析します。睡眠中の無呼吸や身体の酸素不足の程度を検査できます。

リンクSASネット